カレンダーを見たら、5月9日と6月9日の行動パターンが全く同じだった。


お昼から日本舞踊のお稽古に行き、
新宿に行くのに、渋谷乗り換えを避けて恵比寿でランチしてから向かうパターン。

お稽古終わりに電車待ってる時に
ん?この感じ何か覚えてるぞ、と気づいてカレンダーをみたらちょうど1ヶ月前だった。


この1ヶ月間Life changingな学びをさせてもらったおかげで、行動パターンは一緒なのに、見える景色がまるで違った。


1ヶ月かぁ。センセーショナルで深い気づきに感動する日々だったなぁ。
退屈な曜日のフリップをひっくり返していくような日々だったなぁ。こんな風に心震える日々で人生溢れさせたいなぁ。

心震えるものに出逢ってしまうと
それ以外のものが、削げ落ちてしまって、どうしても気がいきません。

これは普通のことなのでしょうか?

こんなにシングルタスクな人間だったかな?
もうちょっと器用だったはず。

なんて思う毎日。

つくづく人間はエネルギー的な生き物なんだと思います。
心震えるものについて、考えてるだけでもエネルギーを使っていて
他に行かないのです。(社会人としてどうなの?)


でも、こんな風に生きてみたいってずっと思ってたな。

 

師走走ってたらあっという間に2022年になっていました!
前回更新したの11月なんてびっくりです(笑)


今年のテーマは「アーティスティックに生きる」です。

右脳と感性を使って、ロジカルと真逆の感じに行きたいと思います。


Kpopで新星のごとく現れた日本人、ニキくんというめちゃめちゃダンス上手い子の解説動画で、解説してくれてた先生が

この人は理屈で積み立てているというよりか
音のニュアンスを本当によくわかってる方、と言っていて

よく分からないけど「それだ!」
と思いました。

 
今年もよろしくお願い致します。 


踊りの会、無事終わりました〜!
何年ぶりに舞台で踊ったんだろうか?

わざわざ大森に足を運んでくださった方の愛をひしひしと感じます。
心から感謝です。
観にきてもらえるって本当に嬉しいことなんだなーと実感しました。

ずっとずっとバリバリの古典がやってみたくて、やっとできたわけですが
踊ってる最中は「終わった・・・」と思ってたのが
「むしろ古典の方が良かった」とか
「長唄はいつも眠くなるのに最後まで見れた(笑)」とか
お七より評判が良くってまさか!と思いました。
 
古典で行こう!古典をもっとカッコよく踊りたい!と新しい欲が出たのと
もっと人前で踊っていこうと、舞踊部の方向性が定まったような気がします。



踊り終わってから、太一師匠の動画また沢山見てます。
やっぱり私にとって原点。 踊りをやるきっかけになった人です。(ミーハー)
 
太一師匠の数々の女形の舞台
そして、何気に一番好きな袴での剣舞。 

彼の美しい着物の所作と舞に魅せられて早15年(年季すごい笑)
あれからずっと日本舞踊やってるよー、とお礼を言いたい。
型も気迫も最高です。



 

↑このページのトップヘ